So-net無料ブログ作成
QLOOKアクセス解析

有村昆 お金持ち [セレブ]

スポンサーリンク




有村昆=お金持ちでお坊ちゃま

あとは、少しずれているというか、
世間が抱く「えーとこのボンボン」という印象を
見事に体現しているところが非常に好ましい人で。

両親のことはパパ、ママと呼んで、
その両親からは「昆ちゃま」と呼ばれ、
お年玉は100万円。

お小遣いは母親に言えば無限にもらえ、
中学時代のお弁当はうな重かビーフストロガノフ。

高校までお手伝いさんに靴下を履かせてもらっており、
修学旅行で初めて自分で履くことになるが、
その時に靴下には靴のように左右は無いと知る。

など、どこまで本当かわからないような
むちゃくちゃなエピソードに溢れてますよね。



そのお金持ちの有村昆氏、結婚することになったそう。

br_062.jpeg

有村昆氏には『イチハチ』出演でテレビ初登場時に、
公式サイトのメールフォームから花嫁になりたいという
申し込みが殺到したというエピソードもありますが、
花嫁立候補をした人たちは発狂ものですね。



お相手は、丸岡いずみキャスター

ミヤネ屋でおなじみのと言えばいいのか、

麻生元総理の「漢字の間違いみつけちゃった」人と言えばいいのか、

ネット上で「奇跡の38歳」との評判高いキャスターですね。



報告のブログ本文は以下の通り。

http://ameblo.jp/arimura-kon/
2012-09-24 12:19:49

入籍のご報告です。

   皆様にご報告です。

   報道にございました通り、
   私達、有村 昆と丸岡いずみは
   平成24年8月28日(火曜)に
   入籍いたしましたことをご報告させて頂きます。

   ようやく穏やかな春が訪れました。

   周りの皆様や友達にもお祝いして頂き、胸がいっぱいです。
   素晴らしいパートナーと出会えたことに感謝します。

   私の大好きな映画の例えで恐縮ですが、
   「釣りバカ日誌」のハマちゃんとみち子さんのような、
   ハートフルな家庭を築いていきたいと思います。

   ノンビリものの私ではありますが、
   家に帰れば肩肘張らず笑顔で迎えてくれて、
   時に喝を入れて励ましてくれる
   アットホームないずみさんに惹かれました。

   私にとっていずみさんは、奇跡のワイフです。

   未熟な二人ではございますが、
   どうぞ暖かくお見守りいただければ幸いです。



奇跡の〜と言われ続けた丸岡いずみキャスターですが、
そこにかけて奇跡のワイフと報告。

しかし、丸岡いずみキャスターですが、
鬱のような症状でテレビから姿を消していますが、
真のお金持ちの暮らしに自分の気持ちを
合わせて行くことができるんでしょうかね。

今は家庭菜園のようなことをしていて、
調子も良くなってきているとのことですが。

有村昆氏と幸せな家庭を築いていってほしいですね。

で、いずれは奇跡の4●歳として復帰して欲しいなーと。


有村昆氏のぶっとんだエピソードはこんな感じ。

父親は世界第2位の有名ビジネスホテルチェーンの元副社長。

彼の生まれは、マレーシアのクアラルンプールで、マレーシアの王族が誕生日を祝いに来たこともある。

家は、都内一等地に位置し都心にもかかわらず、熱帯雨林のある豪邸。全面ガラス張りのテラスは、改築費で2000万円もかかる。

家には常にお手伝いさんがおり、片付けるとお手伝いさんの仕事を取ることになるため怒られる。そのため、家のどこに何があるかは把握出来ないようで、友達が自分が取りたい本をすぐ取ってこれることに、いたく感動したこともある。

20歳で初めて吉野家を知ったそう。大学生の時に初めて牛丼チェーン店に入り、「個室ありますか?」と堂々と聞いたようで、お新香やコールスローが別料金だった事にびっくりした。

20歳で初めてカップラーメンを食べた。日本ではなくカナダで食べ、夜食べるものがなくなった際にカップヌードルを購入。お湯ではなく水を入れて食べた。

TSUTAYAとかGEOでレンタルする気がしれない。観たければ買えばいい。

高校時代Hな本をお手伝いさんに電話して隠してもらった。

父親が経営するホテルに泊まり、"F1レーサーゲーム"と称しレーサーが優勝を祝う時のようにワインを体で浴び、お風呂にワインを大量に入れた。

2011年の新年もやっぱりお年玉として100万円貰った。中二から毎年100万円貰っていた為、通算額は2000万円を突破する。

お年玉は振込み。彼曰く「年初めのイベントみたいなもんですよね」

年越しそばを食べる時は、神田きくかわの高級うなぎをそばつゆに浸して食べていた。

中二の英語で評価5を獲得すると、親からカナダ旅行がプレゼントされた。

ファミリーレストランで、どこの産地かも分からないまま注文することに驚いた。普通レストランといったら、「これは○○産の物です」と説明されて自分の目で食材を見てから注文するとのこと。

小五の時大河ドラマ『武田信玄』を見て、「僕も殿やりたいなー」と親に言った。中々合う衣装が見つからず、東京衣装(芸人コント用の衣装などを作る芸能界御用達の会社)にオーダーメイドで作ってもらった。

・高校時代好きな人に想いを伝えようとラブソングを作ろうと試み、両親から作曲の為の音楽機材総額200万円を買ってもらった。しかし結局その子に話しかけること無く100曲ほど作り貯めて終わった。曲のタイトルは「キスから始まる好きもある」「雨に降られて君にフラれて」など。

いやーわけわからないですねー 笑



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。