So-net無料ブログ作成
QLOOKアクセス解析

上田美由紀 顔写真 [事件]

スポンサーリンク




上田美由紀の顔写真を検索してみて、

え、嘘でしょ? と思った人も多いだろう、

鳥取連続不審死事件の容疑者・上田美由紀。

03111.jpeg

でも、当時のニュースのキャプや、

週刊誌をスキャンした画像をネットで探していると、

あーこれはこれでアリじゃないかなーと思えてくる不思議 笑



実際、ホステスとして働いていた当時、

愛想が良く客にはもてていたという話だし。

012_2.jpeg

状況をよくよく想像してみる。


鳥取の繁華街。

勤めていたのはババ専スナック。

そこにいるホステスはほとんどおばあさんと

言っても良いような年齢の女性ばかり。

その中で一番若いホステスだった。

愛想がよくて元気があった。

ママさんの証言
「カウンターに入らんと、いっつもお客さんの横に座って。んで『わぁっし(私)、昔、暴走族やったけえ、ヤクザ怖いことないで。逆にやったるわ』いうてね。元気あった。なんせ一番若い。よう、モテた。お客さんに『おい、おまえ、もっと飲まんかい』いうて、バシッと体たたいて。喜ぶお客さんも、おってね。逆に、(自分が)体さわられたら、『きゃあ』叫んで。」


常連客の証言
「安い。しかしな、それだけやないけえ。若いのより、婆さんなら気兼ねがいらん。客は爺さん婆さんも来る。で、調子っぱずれのカラオケやってな。そこにあの女がおった。いちばん若い30代。そりゃモテた。(そこに居るのが)藤原紀香ならアヤシさ満点やが、俺もあれならいいと思った。気楽に遊べるところがほかにねえし。黙って座ったらビール出てくる。死んだ人らと俺もさんざん席を一緒にした。田舎のスナックいうのは、そんなもんじゃ。フーゾクなんて、ない。カネ握りしめて、息抜きに来る」


うんやっぱりこれはこれでアリなんじゃないかと。

ババ専スナックで、一緒にわいわい気楽に騒いで、

あーおもしろかったと思いながら家に帰って。


そういう生き方をしたいとは思わないけど、

もしもそこに生きていれば、たぶんそれで楽しんでいると思う 笑



で、あらためて画像を見る。

まーうんアリかも。

IMG_6219-87de6.jpeg

で、多分だけど、そういうふうに思った人たちのうち、

特に上田美由紀と響いた人たちが命を落としたんじゃないかと。


人間は関係性の生き物だから、

一度なんらかの関係が生まれて、

その関係の中にとりこまれてしまうと、

よほどのことが無い限りそこから出て来ることができない。

北九州監禁殺人事件なんかを考えてみるとわかりやすいかも。
     ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E7%9

まーまだ上田美由紀が犯人かどうか判決は出てないんだけど。

今日から始まった公判だけど裁判員大変ですね。
015.jpeg


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。