So-net無料ブログ作成
QLOOKアクセス解析

土用の丑の日 うなぎ [雑学]

土用の丑の日はうなぎ。

というわけで。この猛暑の丑の日。
高いのなんのと言いながらも、やっぱり行列ができてましたよね。

ところで、土用の丑の日になんでうなぎを食べるんだ?と
あらためて思ったので調べてみた。


平賀源内説
これが一応通説ということになってるみたい。
ある日商売下手の鰻屋が源内に相談した。

「夏に鰻が売れんのでどうしたもんか」

【夏負けを防ぐには丑の日に「う」の字がつくものを食べると良い】という伝承から、
源内は紙に「本日丑の日」と書いて、それを店先に張り出すようにすすめた。

で、源内効果もあって、鰻がむちゃくちゃ売れて繁盛した。
それを見た他の鰻屋も真似るようになって、
そのうちに鰻を食べるという習慣が定着した。



春木屋善兵衛説
時は文政年間というから、源内と同じ頃。
鰻屋の春木屋善兵衛が、大量の蒲焼きの注文を土用に受けた。

一日では焼き切れないほどの量なので、子の日、丑の日、寅の日の三日にわけて焼き上げ、
かめに入れて保存しておいた。で、結局この蒲焼きは傷んでしまうんだけど、
丑の日に焼いたものだけは傷んでいなかったから。

と「江戸買物独案内」に書いてあるらしい。
この本のタイトルの読み方は、えどかいものひとりあんない。
江戸に不慣れな人に向けで「どこそこの住所にどういうお店があるよ」
ということが書いてある、まあガイドブックだよね。

江戸買物独案内サイトがあるんだけど、鰻屋さんの住所しか書いてなかった。
実物には書いてあるのかしら。



蜀山人説
時は天保10年というから、源内よりは少し時代が下ったころ。
やっぱり鰻屋が「売れないんだが」と相談しに行ったんだけど、
今度は相手が源内じやなくて、蜀山人こと大田南畝。

で、彼は「鰻を丑の日に食べると薬になる」という狂歌を考えて、
これをキャッチコピーにしたと。
しかし鰻屋、頼ってばかりだな。



鰻二匹説
毛筆に墨汁を含ませて、すっと書いた平仮名の「うし」という字が、
ちょうど二匹のうなぎのように見えたから。


うーん、わたしは鰻二匹説がいいや 笑

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。